一部商品の電源の周波数について(50Hzモデル/60Hzモデル)

日本国内の家庭用電源には地域により周波数に違いがあります。


およそ、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に東側は50Hzの地域、西側が60Hzの地域となっています

一部の家電製品の中には、周波数毎に専用に設計されたお品物があり(50Hzモデル/60Hzモデル)、周波数の違いを確認せず誤って使用すると、器具の性能を変化させる(モーターの毎分回転数が変わる等)ばかりか、故障の原因になることもあります。



新生活などで対象の商品をご購入の際は、事前に引っ越し先の電源周波数が「60Hz」か「50Hz」かを予めお確かめいただき、対応のお品物をお求めください。

また、引っ越し先が、東西の境界近くなどでその地域の周波数が不明な場合は、引っ越し先の電力会社へご確認ください。