日々の生活で手放せなくなる新ジャンル家電をご紹介!

新ジャンル家電特集TOP

▽ 新ジャンル家電はこちらから ▽

世界初※1、ふとんコンディショナー誕生。

  • すっと眠れて、ぱっと起きられる。
    心地よい睡眠を左右する鍵は、部屋の温度ではなく、ふとんの中の温度でした。
    世界初ふとんコンディショナーなら、寝床内を快眠温度33℃にキープし、
    寝入りを-1℃、 目覚めを+1℃で温度の力で眠りをコントロールします。
    さあ、人生の3分の1を、もっと快適に。
  • ※1レイコップ調べ 調査時期:2015年2月〜2018年2月

温度も、キレイも、寝心地も
最適な睡眠環境を生みだすテクノロジー。

  • 東洋紡と共同開発 三層構造体「エアスペーサー®」

    高反発設計のマットレスが、スムーズな寝返りをサポート。体にかかる圧力も分散するため、睡眠中の負荷が減らせます。

    • 三層構造体「エアスペーサー®」はレイコップ・ジャパン株式会社の登録商標です。
  • センサーで感知して送風し温度をコントロール

    エアスペーサー®内に搭載されたセンサーの情報に基づいて、風量及びヒーターの発熱を調整。寝床内の最適な温度環境を整えます。

    ホメスタイオンで脱臭、除菌

    レイコップが独自開発した「ホメスタイオン」がウイルスと菌の除去及び悪臭を取り除くことでマットレスを清潔に保ちます。

    50℃以上の寝具ケアモードで除湿、脱臭、ダニ対策

    寝具ケアモードでは、50℃以上の温風をマットレスにいきわたらせ、まるごと除湿、脱臭、ダニ対策を行います。

    睡眠の邪魔にならない静音設計

    ふとんコンディショナーが発する音は図書館内の音量(40dB)以下。静かな環境を妨げず、心地よく眠ることができます

    電気代を考えた省エネ設計

    一晩にかかる電気代は約50円。気持ちのいい目覚めからはじまる毎日を、気軽に手に入れることができます。

快眠を支える発想と技術 睡眠ケアモードと寝具ケアモード

除菌率
99.9※1
防ダニ
99.9※2
脱臭率
90※3
  • ※1【方法】
    アウターカバーとインナーカバーの間に菌封入袋を置き、
    寝具ケアモード終了後、封入袋の中の菌の数を測定。
  • ※2【方法】
    アウターカバーとインナーカバーの間にダニが入った袋を置き、
    寝具ケアモード終了後、袋の中のダニを測定。
  • ※3【方法】
    オールシーズンカバーに臭い物質を塗布した布を密着させ、
    寝具ケアモード終了後、ニオイセンサ(新コスモス電機株式会社)で測定。

いつでも、どこでも、心地よく。
快適操作で、昨日までの眠りに温度をプラス。

延長ユニット

付属の延長ユニットを使用(および本体の上下を入替)することで、様々な高さのベッドや敷布団、マット等でも使えるように設計

エアマット

三層構造体「エアスペーサー®」が入ったマットレス。体圧分散、高反発、通気性に優れ、快適な眠りをサポート

アウターカバー

立体ハニカム構造のダブルラッセル生地を採用。通気性と速乾性に優れ、汗や湿気の溜まりを抑制

インナーカバー

メッシュ素材を使い通気性と速乾性を確保するとともに、カバーとエアスペーサー®の摩擦音を軽減

快眠は、温度で決まる。

  • レイコップ ふとんコンディショナー FCST-100JPHA

    ふとん内を33度にキープし、寝入りを-1度、目覚めを+1度の温度にする「ふとんコンディショナー」

    Web価格 (税別)

    税込価格