アルコールチェッカーのご準備はお済みですか?

社用車を5台以上、もしくは定員11名以上の社用車を1台以上使用している事業所では、2022年10月からアルコール検知器の導入が義務化されます。

運転の前後に、運転者に対して目視およびアルコール検知器を使用して酒気帯びの有無を確認すること

目視およびアルコール検知器による確認の記録を1年間保存すること

正常に機能するアルコール検知器を常備すること

お急ぎの方はこちらのモデルがオススメ

ミヨシ TS-AL01/BK
TS-AL01/BK
使用回数・期限購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方

Web価格 (税込)

(税別)

その他のアルコールチェッカーのご予約も承ります!

※詳しい納期は商品ページをご確認ください。

タニタ EA-100E
EA-100E
使用回数・期限購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方(使用回数表示機能あり)

Web価格 (税込)

(税別)

オーム HB-A02
HB-A02
使用回数・期限購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方

Web価格 (税込)

(税別)

アイリスオーヤマ ALC-D1
EA-100E
使用回数・期限購入後1年経過または500回測定した場合のどちらか早い方

Web価格 (税込)

(税別)

おすすめ情報